シミひとつない麗し肌へ

シミの治療を決心したなら原因を追及するべし!

気軽に施術が受けられる

注射器

エステサロンにおける技術の進歩により、街角のエステサロンで気軽にシミの治療ができるようになりました。超低温の冷気やレーザーを照射する方法、ケミカルピーリングや肌に優しいハンドマッサージだけをもちいた方法など、お好みや予算で治療法が選べます。

肌の黒斑を消す手段とは

カウンセリング

シミの治療法には複数種類があるため、受ける前に調べておきましょう。効果は高いけど保険適応外のクリニックのレーザー治療、早く効果を出すには不向きでも保険が使えてコストが低い皮膚科の投薬治療と、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

効果的な治療法で改善する

顔を触る婦人

ケミカルピーリングや高濃度ビタミンCイオン導入、炭酸ガスレーザーなど、美容皮膚科クリニックではシミを消す治療が人気です。ただし、治療をしてシミが消えても油断をすると再発することがあるので、日ごろから紫外線対策を習慣にすることが大切です。

ケミカルピーリングの効果

鏡を見る女性

肌トラブルがリセットする

ケミカルピーリングは、肌のターンオーバーを正常に戻し、肌トラブルをリセットする治療法です。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのサイクルで、一般的には28日でワンサイクルになります。ターンオーバーが28日で周っていれば、古い角質が順調に剥がれてなくなります。古い角質がなくなれば、新しい角質が生まれやすい環境になり、シミやくすみ、シワやたるみなどが少ない、健康な美肌を維持できます。しかし、ターンオーバーのサイクルが早すぎたり、遅すぎたりすると、うまく角質が剥がれず、肌トラブルの原因になります。ターンオーバーが乱れる原因は、ホルモンバランスの乱れ、加齢、血行不良、ストレス過多、睡眠不足などです。そんなターンオーバーの乱れに対して効果的なのがケミカルピーリングです。ケミカルピーリングで使用するピーリング液には、様々な原因で乱れたターンオーバーを正常にする働きがあります。現在では、家庭用ピーリング液もありますが、医療機関でケミカルピーリングに使用されているのは高濃度なものです。ケミカルピーリングのやり方はとても簡単で、シミなどが気になる部分にピーリング液を塗るだけです。肌に塗ることによって、ピーリング液が肌の表面にある角質層に浸透し、古く余分な角質が溶解されます。そうすることでシミ、くすみ、ニキビ跡、毛穴の開きや黒ずみなどが解消され、肌がリフレッシュします。顔はもちろん、背中のブツブツやニキビ跡改善にも効果的な治療です。ケミカルピーリングのピーリング液は、角質層を超えて真皮層までアプローチします。真皮層にある弾力物質コラーゲンの生成を促進し、肌にハリを出すので、アンチエイジングにも効果が高い治療法です。もっと美白効果を得たいなら、ケミカルピーリングとセットで行うと効果的なのがビタミンCイオン導入です。ビタミンCイオン導入は、エステサロンでも人気のシミ改善トリートメントです。単品でも美白効果がありますが、ケミカルピーリングをしたあとなら余分な角質がなくなっている状態なので、浸透力がアップします。邪魔な角質がないぶん素早く深いところまでしっかり浸透するので、さらに高い美白効果が得られます。ケミカルピーリングやビタミンCイオン導入は、美容皮膚科やメディカルエステなどで1万円から2万円で受けられます。ケミカルピーリングだけであれば、初回のみ4千円程度で受けられるクリニックも多いです。ただし、ピーリングのやりすぎは禁物です。家庭用ピーリング液よりも高濃度で刺激が強いので、1か月以上の間隔を置いて定期的に治療を受けるのが理想的です。ケミカルピーリングを肌ケアに取り入れることで、いつも使用している化粧水の浸透力が高まり、毎日のスキンケアの質が向上します。

カウンセリング

美白になる塗り薬

ハイドロキノンやトレチノインは、美白効果が高いシミ消し用の外用薬です。美容皮膚科クリニックにシミ治療を受けに行くと処方されることが多く、毎日正しく使用することで、出来てしまったシミを綺麗になくすことができます。