ウーマン

シミの治療を決心したなら原因を追及するべし!

美白になる塗り薬

カウンセリング

市販品よりも効果が高い

紫外線を浴びたりターンオーバーが乱れたりすると、メラニンが排出されずにシミになって残ります。シミの治療法は沢山ありますが、手軽に利用できるのが外用薬(塗り薬)です。美容皮膚科などの美容系クリニックに行けば、シミやソバカスに効果がある薬品が配合された美白クリームを処方してくれます。クリニックでフォトフェイシャル治療やレーザー治療を受けるよりも安く、市販の美白サプリや美白化粧品よりも強力な効果があります。シミを消す外用薬としてよくクリニックで処方されるのが、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」です。ハイドロキノンは、シミの予防効果が高い美白クリームです。トレチノインは出来てしまったシミを漂白する効果があります。どちらも塗った部分の皮膚だけターンオーバーが早まり、角質が剥がれてシミも一緒に排出されます。ハイドロキノンやトレチノインが配合されている市販の美白化粧品もあります。しかし、市販の化粧品に配合できる量は、多くても5%が限界です。しかも、自己判断で高濃度なハイドロキノンやトレチノインを使用すると、健康な皮膚が溶けたり、ますますシミが濃くなったりするリスクがあります。ですが、美容皮膚科クリニックなら、自分の肌にあった濃度の美白クリームを出してもらえるので安心です。また、使い方についての詳しい説明があり、1か月に一回の経過観察もあります。塗ってみて万が一肌に合わなくても、相談すれば肌に合う濃度の美白クリームを出してもらえます。ハイドロキノンとトレチノインは、別々で使うよりもセットで使ったほうが美白効果が高いです。ハイドロキノンにトレチノインを混ぜて使用するか、ハイドロキノンを塗ったあとすぐにトレチノインを塗るのが基本です。そして必ずシミからはみ出さないように塗ることが大切です。はみ出してしまった場合は、綿棒ですぐに拭き取るようにします。また、しばらくすると皮が剥がれて赤くなることがあります。そうなったらしばらく使用を控えるか、低濃度のハイドロキノンやトレチノインを塗ってケアをするなど臨機応変に対応する必要があります。ハイドロキノンもトレチノインも強力な美白効果があるだけに、一歩使い方を間違えるとシミが悪化するリスクがあります。医師や看護師から説明を受けた通りに使用し、もしも悪化したらすぐにクリニックに相談することが大切です。美白治療をしている間は、紫外線を浴びないようにいつも以上に気をつける必要があります。夏に限らず、オールシーズン外出するときにはしっかり日焼け止めを塗ります。そして1日の終わりに日焼け止めをオフしたあとは、化粧水や保湿クリームを塗って乾燥しないように心がけることが大切です。