ウーマン

シミの治療を決心したなら原因を追及するべし!

効果的な治療法で改善する

顔を触る婦人

再発しないようケアも大事

美容皮膚科クリニックでは、シミを消す治療ができます。シミを自分自身で消すのは大変ですが、クリニックのシミ治療なら手軽に消すことができます。エステ感覚でできるのが、ケミカルピーリングです。ケミカルピーリングは、ピーリング効果がある薬剤を塗布して、角質を溶かす治療です。シミはターンオーバーが乱れて角質が蓄積することでできます。ケミカルピーリングをすれば、ターンオーバーが促進され、古い角質と一緒にシミも分解されてなくなります。また、顔全体のくすみ、そばかす、ニキビやニキビ跡、毛穴の開きなどの改善にも効果的です。ケミカルピーリングで使用される薬液は、家庭用のピーリング石鹸などに配合されているフルーツ酸よりもピーリング効果が高く、その分美肌効果が抜群です。ケミカルピーリングをしたあとは皮膚が薄くなっています。そして、そのあとに高濃度ビタミンCイオン導入をすると、ビタミンC誘導体がしっかり浸透するので、セットで治療を受けるのがお勧めです。ケミカルピーリングやビタミンCイオン導入は、定期的に行うと効果があります。特に濃いシミがある場合は、3回以上定期的にピーリングをするのがお勧めです。しかし、ピーリングを短期間に繰り返すと角質がとけてしまい、トラブルの原因につながる恐れがあるため、二回目からは一か月以上間隔をあけることが大切です。また、シミの悩みを解消する方法としてレーザーを照射して行う治療も、美容皮膚科クリニックで人気です。炭酸ガス(CO2)レーザーの場合、シミができている部分にこまかくレーザーを当てて、メラニンを蒸散させて消します。ケミカルピーリングは塗った部分全体に効果がありますが、レーザーの場合はピンポイントで効果があるのが特徴です。レーザーは即効性があり、照射してすぐにシミが消えます。ただし、再発してしまうリスクがあるので、治療をした後は普段よりも気を付けてお手入れをすることが大切です。一番気を付けたいのが、太陽から放射される紫外線です。シミができる一番の原因が、紫外線ダメージによる光老化です。一度クリニックで消しても、また紫外線を浴びると再発する場合もあるため、きちんとケアを忘れずに行なっていくことが必要となります。治療をした部分はもちろんですが、その他の部分も含めて、太陽に当たる部分はしっかり日焼け止めクリームを塗り、予防を心がけることが大切です。また、真夏に一日中屋外にいるシーンでは汗をかきやすいので、2時間置きに日焼け止めクリームを塗りなおすことも大事です。SPFが高い日焼け止めクリームほど肌に負担がかかりやすいので、丁寧にオフをして化粧水や美容液でたっぷりと保湿をする必要があります。